銀行系カードローンとは

急ぐ女性キャッシングには、銀行系カードローンというのがあります。
銀行が行なっているキャッシングローンです。
 
この銀行系カードローンの強みとしては、低金利であり、安心感が高いというものがあります。
一方で、審査が厳しい、審査に時間がかかる、といったデメリットが存在します。
もし利用できるなら、キャッシングをする相手として候補に入れておけばいいのではないでしょうか。
 
銀行が行なっているというメリットとして、総量規制の対象外になるというものがあります。
総量規制では、貸金業から収入の1/3を越えるような借り入れが出来ないことになっています。
消費者金融のキャッシングなどがこの規制に引っかかります。
 
ところが銀行はこの規制の対象外ですので、カードローンの貸付額も収入の1/3を越えて設定できます。
とは言え、審査があるので、大幅に大きな金額は借りることはできませんが。
この大きな金額を借りることができる利点は、借り換えローンの利用で生かされるでしょう。
 
多重債務を抱えている場合、銀行系の低金利のローンに組み直してしまえば、金利の負担が減る場合があります。
一旦借り換えローンで必要な金額を借り、そのお金で今抱えている借金の返済をしてしまいます。
そうすることで低金利なローンに乗り換えるのが借り換えローンです。
 
いくつかの銀行系ローンがこのような商品を取り扱っています。
カードを使って借り入れ、返済ができるので、利便性は消費者金融のものと変わりません。


このページの先頭へ