当日借り入れナビゲーター > キャッシングについて > 初めてのキャッシングの注意点

初めてのキャッシングの注意点

初めてキャッシングを利用する場合、どんな注意が必要でしょうか。
まずは、借り入れたいと考えている金額が妥当かよく考えてみます。
多く借りるとそれだけ利息がかかりますから、不必要に多く借りないようにします。
利用計画をしっかり立てないといけません。
 
消費者金融によっては30日無利息などのサービスがあるので、利用できそうなら考えてみます。
借り入れシミュレーションを行なっているところも多いので、それを利用して本当に無理がないか確認しておくといいでしょう。
そうしてどこの消費者金融からいくら借りるか決めたなら、実際に申し込みを行ないます。
 
実際に申し込む時には、必要な書類を用意します。

・運転免許証が一般的ですが、健康保険証やパスポートでも構いません。
現住所が身分証明書の記載と違っていけば、現住所を記載した書類を用意します。
・国税や地方税の領収書や納税証明書。
・社会保険料の領収書または請求書。
・公共料金の領収書、請求書。
・住民票の写し。

 
といったものがあればよいです。
引っ越ししてすぐに入り用になる場合もあるでしょうが、なんとか現住所の証明はできそうです。
 
借入額が一定額(50万円)、あるいは他社の利用残高との合計額が一定額(100万円)を越える場合は、

・源泉徴収票
・確定申告書
・給与明細書

 
のいずれかを提出します。
こうした書類を使って審査を受けます。
審査が無事通れば、実際に借り入れます。
申し込み手続きの方法によって、キャッシングを利用できるタイミングは違ってくるので、時間がかかる郵送などは、急ぎの場合は使わない方がいいでしょう。


当日借り入れできるおすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ