他に借り入れしていても借りられるの?

考える女性貸金業法の改定により総量規制が導入され、貸金業者からは収入の1/3以上の借入ができなくなりました。
また、借入の総額が100万円以上なら収入を証明する書類の提出を求められます。
 
複数の消費者金融から借入れる場合は、この2つについて気を付けないといけないでしょう。
合計の借入額が収入の1/3に達すると借り入れられませんし、100万円を超えていると収入証明の書類提出を求められてしまいます。
 
しかし、総量規制には除外項目があります。
例えば自動車のローンは総量規制の対象から除外されます。
他にも、住宅ローンや高額医療費の貸付け、有価証券担保の貸付け、不動産担保の貸付けなども除外の対象です。
こうした借金があってもキャッシングの借入額は影響を受けません。
 
また、総量規制は消費者金融といった貸金業を対象にしていて、銀行系のカードローンは対象に含めていないのも覚えておいた方がいいでしょう。
銀行系のカードローンから借り入れをしていても、新たに消費者金融から借り入れすることは可能です。
 
とは言え、申し込み時の審査ではローンの状況も調べられるので、カードローンで多く借りていると審査は通りにくいでしょう。
この辺りの加減というのは消費者金融によって違うので、一概に言うことはできません。
どちらにせよ、複数の金融機関から借り入れをすると管理が大変ですし、額が多いと払いきれなくなります。
できれば1社に絞った方がいいのではないでしょうか。
あくまで計画的に利用しましょう。


当日借り入れできるおすすめのカードローンはこちら!

このページの先頭へ