キャッシングの限度額

個人の借り入れの限度額は原則年収の1/3までと決まっています。
この総量規制は2010年から施行された、借りすぎを防ぐための規制です。
とは言え、この総量規制にもいろいろと除外と例外項目があります。
借入額の計算から除外される項目があるのです。
 
こうした項目を知っておけば、キャッシングを利用する時にどの程度借り入れられるのかが分かります。
総量規制の除外項目としては以下のものがあります。

・住宅ローン
・自動車ローン
・高額療養費の貸付け
・有価証券担保貸付け
・不動産担保貸付け(居住以外)

 
例外としては以下のものがあります。

・借換えローン
・緊急医療費貸付け
・特定緊急貸付け
・個人事業者への貸付け
・配偶者と合算した年収の合計が1/3を越えない貸付け

 
年収の1/3までしか借りられないという規制以外にも、キャッシングの契約をする場合にはいくつか気を付けないといけないことがあります。
まず、1社からの借入限度額が50万円以上の場合は、年収を証明する書類の提出が義務付けられています。
 
また、複数の消費者金融とキャッシングの契約をする場合は、総額100万円以上で年収を証明する書類の提出が義務付けられています。
 
これは消費者金融に限った規制で、銀行からの借り入れは含みません
銀行から借りている分を含めて年収の1/3を越えていても規制にはかからないのです。
これに違反すると貸金業者は行政処分の対象になるので、厳格に守られています。
この辺りに気を付けながら借入額を考えていかなくてはいけません。


このページの先頭へ